2015年6月11日木曜日

予想外だった早朝の利下げ、ニュージーランドドルの急落《セミナーご案内》

けさ、ニュージーランドの中央銀行が、政策金利を3.5%から0.5ポイント利下げし、3.25%とすることを発表しました。

予想外の利下げだったので、あさいち、ニュージーランドドルは対円などで、激しく下落しました。

スイスフランショックのときと比べたら大したことはないのに、何を大袈裟なと思われるかも知れません。

しかし、日本時間よりも3時間速く日が昇るニュージーランドで、朝方に政策決定会合が行われ、利下げ発表は、日本時間の朝7時台。流動性の薄いなかでの予想外の発表となると、通貨の急落の過程で、途中に値段がつかないという現象につながります。

もっとも、記者会見に応じたニュージーランド準備銀行総裁の発言にあるとおり、ニュージーランドドル高は持続可能な状態ではなかったとはっきり明言されています。

長い目で見てみましょう。アヴァMT4で過去のレートが取得可能なところまでさかのぼってみると、対円で見たニュージーランドドルは、40円台(超 円高域)と90円台(超 円安域)を、信じられないほど規則的に、驚くほど悠長なサイクルで、上下動していることが読み取れます。

1995年からの20年間で、超 円高域に突入したのは、2000年と2008年です。

ちょうど20年前の1995年は、それでもいまに比べると、ニュージーランドドルが割安で、だいたい60円前後をうろちょろしていました。

ここで話題ががらっと変わります。1995年というのは、日本におけるワインブームの火付け役となった田崎真也さんが世界ソムリエコンクールで日本人初の優勝に輝いた年でもあります。

ワインと言えばフランスという限られた常識がまだまだ横行していたその時代、ニュージーランドワインは質が高くてしかも割安だ。いまふうに言えば、コストパフォーマンスが高い。と目を付けていた酒屋さんや勉強家のワインテイスターも居ました。

為替の決定理論を複雑にしている理由のひとつとして、国際貿易からのアプローチと、国際金融からのアプローチが組み合わさってしまうことがあります。この点、強引に言わせてもらえば、ニュージーランドと日本の関係は、国際貿易だけに絞って論ずることがどちらかというと許されるセグメントかと思うのです。

ぶっちゃけた言い方をすると、乳製品とラム肉とワインの国際価格から、ニュージーランドドルの適正水準を評価することができるというわけです。

そこで(!!!)空席がわずか2名となりましたが、6/24(水)ニュージーランドワインセミナー(主催:アヴァトレード・ジャパン、特別協賛:乃木坂ワイン倶楽部ヴィラージュ、ジェロボーム、ADVFN)を、乃木坂ワイン倶楽部ヴィラージュにて開催いたします。

乃木坂ワイン倶楽部というくらいですから、複数の国から輸入したワインを比較試飲していただくことができます。

農家と醸造家が情熱を注ぎ生活を賭けて作り上げたワインに舌鼓を打ちながら、それでも冷酷に、はたしてどのワインがコストパフォーマンスがいいだろうかと探り当てていただきたいです。

日本では根強い人気を誇るニュージーランド(ドル)、そしてこの七転び八起きブログでも、2008年以降、何度も裏切られながら(苦笑)、ニュージーランド愛を叫んできた、その集大成、というとまったく大袈裟ですね。二度目がないみたいになってしまいますから。

お申し込みは、
support@avatrade.co.jp
まで、「ニュージーランドワインセミナー申込み」と件名にお書き添えのうえ、お願いいたします。

これまでのセミナーの様子を以下はご紹介いたします。


1 件のコメント:

阿部浩明 さんのコメント...

ブログ管理人様


お世話になります。
fx-on.com阿部と申します。

突然のコメント失礼いたします。

弊社では、運営サイトhttp://fx-on.com、およびgogojungle アフィリエイトサービス
において、『投資助言メルマガ+掲示板 志摩力男先生の実戦リアルトレード』
を扱っております。

元ゴールドマンサックス、現役ヘッジファンドとレーダーのメールマガジン+掲示板は
トレーダー様のお役に立つ人気サービスになると考えられます。

ぜひ、パートナー様ご登録をいただき、ご紹介をお願いできればと思います。

パートナー(アフィリエイト)ご登録
https://fx-on.com/lecture/duty.php?i=3783


ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください。

何卒よろしくお願いいたします。



株式会社ゴゴジャン・阿部
http://fx-on.com為替SC
http://nk-on.com日経225SC
〒113-0033東京都文京区本郷4-2-5 7F
お問合せ窓口
http://fx-on.com/inquiry
TEL:03-5844-6090
FAX:03-5844-6091
関東財務局長(金商)第1960号
日本証券投資顧問業協会会員 012-02323
----------------------------------------
第三者の方がこのメッセージを誤って受信
された場合、当該メールに機密情報を含ん
でいる可能性がありますので、誠にお手数
ですが、送信者まで、その旨をご連絡頂き
受信されたこれらの情報は開示、複製
転送等を行うことなく削除して頂きますよう
お願い致します。